ADHDなつこの想いを言葉にするブログ

ADHD(診断済み)なつこが生きやすくするためにしてきたこと、感じていることなどを言葉にしていきます。

自分の身体からの声に耳を傾ける大切さを知る

こんにちは。先程、息子と川越の菓子屋横丁へデートしてきました。近くはないが遠くもない。昼過ぎには帰宅できました。お菓子を買えて、ベーカリーのパンを食べて、アイスクリームを食べて満足の息子。引きこもり気味なので、息子が好きなところへ連れて行くことができ嬉しく思う、ADHDなつこです。

 

 

 

さて、最近は、ヒューマン、コメディ、ホラーなど、DVDを借りては観ています。

 


これまで、観る機会が無かった、というか、仕事や家事、育児に追われていたため見る暇がなかったのと、うつになったあとも、私には楽しむ資格はない。と思い込んでいた節があったためです。

 


今更?!というものも観ています。トムハンクス、名優だねっ✨

 

 

 

 


私は邦画の場合、原作小説を読む方が多いかな。

 


そうそう、

読んだ小説の映画化したものを観たけど、

 


端折るなー!!

まんま、映画化すればめっちゃいい話なのに!!

 


という叫びに旦那は、

 


仕方ないよ、尺があるから。

 


と。

 


いや解せぬ。

だから私は小説が良いのよ(-"-)

 

 

 

いやいや、音楽が良かったり、映像美とか、その他諸々で映画の方が良い場合もあるんだけどね!!

 

 

 

 


あと、観たのはホラー。

私はもともとホラーもの苦手ではなくて、むしろ得意分野で。

でも、今回は、なんか違う。

 

 

 

観て感じたのは、

ホラー映画を観たあと、なぜかイライラしたり。

別のホラーでは、

気持ち悪くなり吐き気を催すことがあったこと。←グロい描写はなかった。森で迷子になるドキュメンタリーホラー。

 


吐き気は、夕飯に食べた肉のせいかな?と思ったけど、

ドキュメンタリーホラー観はじめて少しした頃、旦那が

 


これ無理。なつこは、観てまた体調悪くなったりしない?

 


と言ってくれたにもかかわらず、

 


大丈夫!!(^ω^ )

 


と元気に答える私。

か旦那はリビングから去り、息子と観続け…その後、気持ち悪くなり始めた私は息子に

 


なんか気持ち悪いんだけど…どうする?

ここまで観てラスト観ないとかできないよねー。

 


という訳で、ラストはかなりの吐き気を耐えながら迎えました。しかも、スッキリしないラスト。

グロくはないけれど、ドキュメンタリー特有のカメラの揺れとかも影響したかもしれない。

 

 

 

 


とにかく、今のメンタルの状態でホラーはあかんということがわかった。これは収穫。

 

 

 

 


思い返せば、身体からの症状に鈍感な私。

 


子どもの頃は、お腹が痛い時には、お腹空きすぎて痛いのかな、食べれば治るか。とか。

 


結婚後は、定期的になぜか食欲旺盛になる時があり、ずっと不思議に思っていたところ、旦那に、

 


生理前だからじゃない?

 


と指摘されてはじめて気づいたこと。

 

 

 

 


職場の人間関係によりお昼が食べられなくなって一週間で5キロ落ちたり(多分朝も夜も食欲落ちてた)それが同期からのマウントによるストレスが原因だと気付いていなかった。

 

 

 

ストレス溜まりすぎて記憶障害が起きたり。

例えば職場で3時休憩にお弁当持っていつも昼に食べている休憩室に行って、なんか空気違うなぁ〜と思っていたら、友人に、

 


この時間にここに来るの珍しいね!

 


と言われて。でもすぐには気づかなかった。

 

 

 

昼じゃない!しかも、私、昼は食べたわ!

 


と思った瞬間、私やばいと思った。

本当に記憶なかったから。

 

 

 

 

 

 

他の出来事では、

思い出すきっかけはいくつもあったのに、娘のお弁当持っていくのを思い出せず、娘を泣かせてしまったり。(昼に保育園から連絡貰って、速攻コンビニでお昼を買って届けました)

 

 

 

え…

私、やばいね。

 

 

 

自分のこと、自分で理解してあげられてない。怖いくらい分かってない。

 


みなさんは、どのくらい自分のことを分かってあげられていますか。

 


自分のことを分かってあげていなかってた。ということを理解できたことが、まずは第一歩かなと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。