ADHDなつこの想いを言葉にするブログ

ADHD(診断済み)なつこが生きやすくするためにしてきたこと、感じていることなどを言葉にしていきます。

膝蓋骨脱臼を繰り返す、私の膝。


今年の9月頃、初回の膝蓋骨脱臼を経験した。

 


前触れとか、きっかけとか特になかった。

 


ただ、立ちあがろうとしただけで、

 


いだだだだ!!!

 


ってなって。

 


この時は、これが膝蓋骨脱臼だなんて知らなかったし、これ以降何度も繰り返すことになるなんて、知るよしもなかった。

 

 

 

首の痛みで病院通ってたから、膝も診てもらうことに。

 

 

 

この頃の様子は、2020.9.12のブログ、医療ビジネス?!総合病院でのなつこの体験談…

参照。

 


結論言うと、医者はレントゲンというツール使っても診断を下せない。

 


今の時代、ネットみて自分の症状とか調べられるじゃん。

 


自分がどんな症状で、なんていう診断名つくのかは、自分で調べられちゃう時代。

 


自分で勝手に診断しちゃだめだよー!ちゃんと診てもらいなよー。

 


って言う人、必ず出てくるけど、

 


医者だって診断誤るし、だいたい今回はレントゲン撮っても診断下せなかったからね?

 


時間も金もかけて欲しくないんだよ、診断名なんて。

 


欲しい人が時間かけてお金かけて、もらえばいーじゃん。

 

 

 

自分の身体なんだから、私は、医者任せにしたくない!!

 


だいたい、自分の身体を医者に丸投げにしてる人が、誤診だのなんだの文句ばっか言うんだよ。話逸れた。

 

 

 

 

 

 

その後も、しゃがんでいる状態から立ち上がる時に痛くなる(脱臼)

 


カタカムナ研究会の旅行でも、方デイの支援でも、家事の最中とか。

 


しょっちゅう脱臼。

 

 

 

脱臼した膝を伸ばすと、カコンって、元に戻る。

 


痛みも無くなるの。

 


でも、コレするのが痛いし怖い。

 


前、旦那に、

 


ちょ、今からなおすから見てて!

 


と言って、やってみせたところ、

 


うわ!ロボットみたい!

 

 

 

て言われた。ロボットじゃねんだよ。

 

 

 

そのうち、膝を伸ばしてもなかなか治らなくなってきて。

 


立ち上がる時に、足だけで立とうとせずに、手を必ず使うようにした。

 


そうしたら、脱臼癖もおさまってきた。

 

 

 

思えば膝、

 


高校、大学と陸上部でがんばってきて

 


そのあとも、地域の体育祭では

 

 

 

なっちゃん、走って〜。

 


って言われて、毎年、走ってた。

 

 

 

家事、育児、仕事。がんばってくれてた。

 


ほんとーに。

 


がんばりすぎちゃったのかもしれないね。

 

 

 

なら、私は、立ち上がる時に膝を想って、手をついたり掴まり立ちをするのを厭わないよ。

 


息子に、

 


おばあちゃん。

 


って言われたって。

 

 

 

昨日、PTAの地区長のお仕事があり、中学校へ行ったの。久々に会えたママ友に懐かしさを覚えつつ作業をこなし、

 


帰る時、座って靴を履きながら

 


私、いま膝を痛めているんだよね

 


と言ったら、ママ友が

 


私は腰が痛くって

 


別のママ友は

 


私は肩だよ。

 


って。優しいねぇ(^ ^)

 

 

 

息子にそれ言ったら、めっちゃ笑ってた。

 


笑いは大事。

 


みなさんは最近笑った??

 

 

 

みなさんに、楽しい出来事が降り注ぎますように。

 


なつこから、愛をこめて💘